2012/10/22 (Mon) 映画『最強のふたり』

最強のふたり
先日、見たかった映画『最強のふたり』をかれさんと見てきました。

ちょっと前に予告で見て、「ぜっったい見たいっ!!」っと思っていたのです(´・ω・`)



いい~映画だったぁ~(*´-`*) ホワン
気になってる人は、ぜっったいに見た方がいいよっっ(゚д゚)クワッ




※ネタバレあり。
 見る予定のある方はご注意を!!









************************************

事故によって首から下、全部が麻痺している大富豪のフィリップ。
彼が自身の介護人を雇うために募集をかける。
沢山の経験や、知識や、資格を持った人たちが面接の時間を待っている。
その中に場違いとも思える人物、スラム街で育った黒人のドリスも同じように並んで待つ。

フィリップはそれぞれの面接を行うけれど、「希望の動機はなに?」と問うと、「障がい者のお世話をするのが好きなんです」と言う人、正直に「お金です!」と言う人、「今までは学生で、初めて仕事をするなら印象のいい『こういう仕事』が…」とか言う人。

その中で、自分の順番が待てずに「もーーー2時間も待ってるんだから俺の番だろっ?!」っとずかずかと入り込んだドリス。
「就職活動をした」という事実が3件あれば、失業保険がおりるため、「不採用」のはんこが欲しかっただけだった彼。

するとフィリップは、「すぐにはんこは押せないよ。『この身体』だからね。明日の9時にまた来てくれ。はんこは押しておくよ。」と言ってドリスを帰した。


その日、自宅に帰ったドリス。
彼が家に帰るのは半年ぶり。
半年間、なんの連絡もなく家を離れていたドリスに対して、母親はとても怒っていた。
そして、家を追い出されてしまう。


次の日、約束の時間にフィリップの豪邸を訪れたドリス。
訪れるなり、使用人の女性に部屋の中の案内を受ける。


それは、フィリップがドリスを試験採用したためだった。


介護の経験も、知識も、資格もないドリスが、全身麻痺の大富豪フィリップとの絆を深めていく、感動の実話です。





*************************************




いやーーーーーー久しぶりにこんなに面白い映画を見たよ。
ほんっとうに心から楽しめた。

しかもこれが実話だなんてね(´・ω・`)


実際、映画には描かれていないことはものすごくたくさんあるだろうけど、映画としては最高の作品だと思う。
めちゃくちゃハッピーエンド。

やっぱり、映画はありったけのハッピーエンドじゃないとね(-ω☆)キラリ




映画が始まって、言葉がフランス語だったのよね。
『わっ、フランス映画かー』っと、正直思ったさ。
フランス映画って、どこか難解で、感覚的な美しさを重視しているから、難解さが増すイメージがあって。。

でも、とにかく最初から最後まで面白かった。
上映の部屋も、小さい場所だったけどほぼ満席だったんだよ!




全身麻痺の介添え人なんていうと、激感動!!感動の嵐っ!!大号泣!!なんて話を想像して行ったのよね。
そしたら、めっちゃ面白くて笑えるの!!(*´∀`)ダッハッハッ
周りの人たちも声を出して笑ってたし、うちも声出して笑っちゃった(*´∀`)ダッハッハッ

ドリスの障がい者に対して差別するような言葉を平気でポンポンポンポン言っちゃうところとか、あまりに何の悪気もなく言っちゃってるので、やたらと面白い。
これは、障がい者の人も笑っちゃうみたい(*´∀`)タハッ
なんかの雑誌にそう書いてあったよー。

もう、あまりに清々しいばかりに、「差別だ」と言われそうなことでも差別に聞こえない。

美術館での出来事ね。

美術館でドリスがm&m’sのチョコをバックバク食べてるのを見たフィリップが
「そのチョコ、私にもくれ」

っというと、ドリスは
「健常者専用のチョコだからダメー」っと大爆笑して、最後まで絶対にあげないっていう(笑)


聞いたときは「えっ」って、映画見ててもドキッとしたけど、、、
なにかなードリスはフィリップが障がい者とか、関係ないんだよね。
関係ないわけないんだけど、そのことを全然、まったく気にしてないというか。


フィリップの言葉でもあったね。
「彼だけが私に同情しない。」って。


それが本当の「差別をしない」っていうことなんだよねぇ(´・ω・`)



あと、フィリップと高尚なオペラを観に行くんだけど、そのシーンも面白かったなー(*´∀`)

「木」が歌うところで、「木」が歌ってるのを見たドリスが


「あれ、木?!!ぶわっははっははは!!!木が歌ってるよ!ひどいなー!だっはっはっはっは!!」


って、、、あれは核心をつきすぎてるよー(笑)
確かに、確かにすっごく面白いんだけどー、あれ、あそこで指摘できる人、そういないよ?( ´,_ゝ`) プッ
ちゃんと見ようと思う人だったら、すっごく迷惑だけど、あたしはドリスに一票だな(笑)



楽しい楽しい時間を二人で過ごしているわけだけど、フィリップはやっぱり障がい者。
ドリスはドリスでしっかりと介護を覚えながらも、フィリップへの態度は変わらない。


一緒に過ごしていると、フィリップが誰かと文通をしていることに気づく。
聞いてみると、会ったこともない女性と文通をしているのだとか。

フィリップはかつて結婚していたが、とてもとても愛していた妻は不治の病にかかっていて、フィリップを残して亡くなってしまったのだった。


奥さんを亡くして、全身麻痺を患って、、人からしたらフィリップは「なんて可哀そうな人だろう」と思うのが普通だよね。

それでもドリスは「俺はあんたと違って不幸に慣れてないんだ!!」って言っちゃうとこ、爆笑だよね(*´∀`)ダッハッハッ



そしてその文通相手に会わないのか?と疑問を持つドリス。
フィリップはやっぱり自分の容姿が気になって、積極的になれないでいる。
ドリスの手に係ったら(笑)、フィリップの恐怖心なんかそっちのけさ(*´∀`)タハッ

でも、フィリップは、世の中の人が全部、ドリスのように平等に扱ってくれないことを知ってるから、怖いんだよね(´・ω・`)


写真を送るときも、、ドリスが「これいい!!!」って言った車いすに乗っている写真はこっそり替えたんだよ。





そして、ドリスの方はドリスの方で、色々と家族との問題があった。
義理の母の息子、ドリスにしたら弟になるけど、その弟が危険な奴らとつるんでいることに気付いたドリス。
気付いてはいたものの、注意をしても聞き入れない弟。
その弟がドリスを頼ってフィリップの豪邸を訪れたのだ。


兄弟のやり取りを見て、そしてその関係の複雑さを聞いて、フィリップは
「もっと大事なことがあるんじゃないか。」と、ドリスを家族のもとに帰るように促す。



正義感の強いドリスはその話を聞き入れ、フィリップとの生活を終え、家族のもとへ帰っていく。



それでもフィリップには介護人が必要なので、また新たに募集をかけて採用するも、ドリスのような人物は滅多にいるもんじゃない。
フィリップはどんどんへんくつおやじになっていく(`・ω・´)

ヒゲも伸ばしっぱなしだし、人の言うこと聞かないし、怒りっぽいし・・・


でもある日の夜、フィリップの発作が起きてしまう。
その時の介護人が駆けつけても、フィリップは「お前はいい!!」と戻してしまう。。
余りに酷いのを見て、周りのスタッフがドリスに連絡をする。

夜中に、ヒゲ面のフィリップを車に乗せて、夜の街を暴走・・・




それが、冒頭のシーンにつながるとは、、、( iдi ) ハウー



もう、なんか、涙がうるるるるるるるーーーって( iдi ) ハウー



そして、海の見える素敵なホテルまでぶっ飛ばしていったドリス。
海の見える部屋で、フィリップのヒゲを剃ってあげるんだけど、フィリップの体が動かないのをいいことに(笑)、悪ふざけをするドリス( ´,_ゝ`) プッ


最後にはキチッと剃ってあげて、海の見えるレストランへ。

フィリップを席に着かせ、自分も向かいに座るけれど、
「俺はランチは一緒に食べないぞ。ここでサヨナラだ。」
っという。
フィリップは「えぇぇ?!」っとなるも、ドリスはニッコリ笑って「大丈夫だ。ちゃんと付き添いがくるから。」っと去っていく。




ドリスが去った後にやってきたのは、、、


なんとっ、、、フィリップの長年の文通相手っ( iдi ) ハウー
一度、フィリップがドリスに背中を押されて勇気を出して会おうとしたけど、時間が合わずにすれ違いで会なかった。。
フィリップは自分のことを遠目から見て嫌になったんだぐらい思って諦めてたのに、その彼女と連絡をとって、フィリップの為に呼んでいたんだよっっ”(*>ω<)o"クーーッ


ドリス、いいヤツぅ~~~~。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!






と、映画はこの辺で終わり。

わーんっと楽しさと、嬉しさと、もう、ハッピーハッピーでエンディングを迎えたのですが、最後のエンドロールにて。

このお話は実話が元になっているので、モデルになった二人がいるんですよ。

ドリスは黒人だったけど、実際の人はアブデルというアラブ系の若者だったのね。
そしてフィリップは、どことなく俳優さんとも似てる感じのする、フィリップ・ポゾ・ディ・ボルゴ。

その二人のその後がチラッと紹介されたのよね。



そしたら、アブデルはなんと会社の社長にっ!
結婚もして子供もいるってヽ(゚∀゚)ノ

そしてフィリップ。
なんと、フィリップも再婚して、子供が2人とか?!

すーごーーーいっ!!
アブデルの、おかげだぁ(ノДT)アゥゥ


この実際のお話にまたうわーん。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!


いまだに二人の絆は強いのだって。



映画も良かったけど、現実に、二人が元気に暮らしてるっていうのが、一番のハッピーな出来事だよ。




現実もよい。
映画になってもよい。

素晴らしいね!!

映画で一番輝いてたのはやっぱりドリスを演じたオマール・シー。
彼はフランスで人気のコメディアンだそうで。
かっこいいし、とっても面白いし。

フィリップとパラグライダーをやった時の演技はあれは演技なんだろうか??
素なのかな??
あのシーン、かわいくって大好きだ♪


彼のくるくる変わる表情が、映画をとことん盛り上げてくれたなぁっと思いました。





あぁ~~DVD、買おっかなぁ(*´-`*) ホワン







みんな、絶対みてーーーっ(゚д゚)クワッ




おわり。






【見た映画】
映画『最強のふたり』公式サイト






スポンサーサイト

映画の話 | trackback(1) | comment(0) |


<<茨城県庁。 | TOP | 鶴TOUR 2012『我がまま~我は行く、さらばアフロよ~』>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://surelysofttune.blog108.fc2.com/tb.php/1206-3fe32cf8

まとめ【映画『最強のふたり』】
先日、見たかった映画『最強のふたり』をかれさんと見てきました。ちょっと前に予告で見て、「ぜっったい //まっとめBLOG速報 2012/11/04 10:13

| TOP |

☆本日の一枚☆

SOULMATE
SOULMATE/鶴
<CD/アルバム>


結成10周年。
自主レーベル「Soul Mate Record」を立ち上げた鶴。
また新たな第一歩が詰まったおめでたいアルバムです。

「ちょっとテイストが違ってきた?」っていう声をどこかのサイトで見たけど、 全然、鶴感満載です。
そうだよ、これが鶴だよ!
ガツンとね、一本筋が通った感じ!

やっぱ鶴、好きだー。

わたし。

生活区域は関東。
結婚しただんな様の趣味が
競馬だったことから
自分も競馬が好きになる。

競馬というか、お馬が好き。

いずれ乗馬がしたい。
でもなかなか難しい。。

音楽も大好き。
聞くのはもちろん、歌うのも、音楽に合わせて揺れるのも好き。

しかし、今では競馬場へ行くことにワクワクしている。

馬券を買うポイントは、かわいいかどうか。
そしてワイド。

こんな感じのわたしが、
このブログを書いています。

なり

Author:なり

今までに見てくれた人たち。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

新しい出来事。

天の声。

GooBaa

Glance,feelings,and
word

Finder that finds mind
心が映すもの、心に映るもの

My Favorite

TRIP!!

♪LIVE♪

鶴 TOUR2013『SOULMATE』

水戸ライトハウス H25.10.12(sat)

surfing!!

ブログ☆リンク

このブログをリンクに追加する

本日のおすすめ
back number

これまで紹介してきた 「本日の○○」を ラインナップ♪

レキミ
レキミ/レキシ
<CD/アルバム>

鶴『我がまま』
我がまま/鶴
<CD/アルバム>


A World of pandemoniume
A World of pandemonium
the HIATUS
<CD/アルバム>


ごじゃっペディア。
ごじゃっペディア
青木 智也<書籍>

BEST FLOWER
フラワーカンパニーズ
BEST FLOWER
~Trash Years~
<ベストアルバム>

百歳。

柴田トヨ
百歳<詩>

the HIATUS『Hatching Mayflies』
the HIATUS
Hacthing Mayflies<CD/EP>

鶴『秘密』

秘密<CD/ミニアルバム>

さすらいアフロ田中。
のりつけ雅春
さすらいアフロ田中 <漫画>

上京アフロ田中
のりつけ雅春
上京アフロ田中 <漫画>


期待CD

期待CD
<CD/アルバム>


the HIATUS『ANOMALY』
the HIATUS
ANOMALY
<CD/アルバム>


Sands of Time
Nothing's Carved In Stone
Sands of Time
<CD/アルバム>


FACT『In the blink of an eye』
FACT
In the blink Of an eyes
<CD/アルバム>


「プラネテス」幸村誠
幸村誠
プラネテス(全4巻)
<漫画>


insomnia
the HIATUS
insomnia
<CD/シングル>

我が家「3LDK」
我が家
3LDK <DVD>

ラストベストロッチ
Lotti
ラスト ベスト ロッチ
<DVD>

Box Emotions
Superfly
Box Emotions
<CD/アルバム>

Trash We'd Love
the HIATUS
Trash We'd Love
<CD/アルバム>

PARALLEL LIVES
Nothing's Carved In Stone
PARALLEL LIVES

<CD/アルバム>

鶴「情熱CD」

情熱CD<CD/アルバム>

鶴『桜』

桜<CD/シングル>

鶴「恋のガソリン」

恋のガソリン
<CD/シングル>

UTAUTAI 15 SINGLES BEST 1993-2007
斉藤和義
歌うたい15
BEST SINGLES 1993-2007
<CD/アルバム>

鶴「恋のゴング」

恋のゴング
<CD/マキシ>

jack johnson
JACK JOHNSON
SLEEP THROUGH
THE STATIC
<CD/アルバム>

I LOVE ME
斉藤和義
I LOVE ME
<CD/アルバム>

うめめ
梅佳代
うめめ<写真集>

浪漫CD

素敵☆CD
<CD/アルバム>

GReeeeN
GReeeN
あ、ども。はじめまして。
<CD/アルバム>

レキシ
レキシ
レキシ<CD/アルバム>

EPopMAKING~Popとの遭遇~
BEAT CRUSADERS
EPopMAKING~Popとの遭遇
<CD/アルバム>

Past Lives

前川清&クールファイブコンサート
前川清&クールファイブ ゲスト:萩本欽一
茨城県民文化センター
H25.9.29(sun)


鶴TOUR 2012
「我がまま~我は行く、さらばアフロよ~」


水戸ライトハウス H24.9.30(sun)

ベリテンライブ2012
井頭公園 運動公園 H24.9.9(sun)

フラワーカンパニーズワンマンツアー「秋チェスト冬チェスト」
フラワーカンパニーズ
水戸ライトハウス H24.2.5(sun)

ベリテンライブ2011
井頭公園 運動広場
H23.9.11(sun)


Rock In Japan fes.2011
国営ひたち海浜公園
H23.8.7(sun)のみ参加


Tour echo
Nothing's Carved In Stone
水戸ライトハウス H23.6.19(sun)


2011年INGの旅
~水戸LIGHT HOUSE22周年祝賀会~
関東近郊のINGワンマンツアー
今を生きようぜ!


水戸ライトハウス H23.7.10(sun)


★タイラダイスケ PRESENTS★
DAMNGOOD vol.50

鶴/FUNKIST/DJ:タイラダイスケ
       (soultoday/FREE THROW)
水戸SONIC H23.2.13(sun)


ハイサイロード'10~秋の陣~
かりゆし58

水戸ライトハウス H22.10.10.


ANOMALY TOUR 2010
the HIATUS
水戸ライトハウス H22.8.11(wed)


ROCK IN JAPAN Fes.2010
国営ひたちなか海浜公園
H22.8.7(sun)のみ参加


Sands of Time Tour
Nothing's Carved In Stone
郡山 CLUB #9 H22.7.26(mon)


JAPAN TOUR 2010
~LIVE HOUSE TOUR~
BOOM BOOM SATTELITES

水戸ライトハウス H22.6.16(wed)


生家紀行 第一章
~ライブハウスツアー

水戸ライトハウス H22.6.6(sun)


jealkb LIVE HOUSE TOUR 2009-2010
「黒薔薇ノ未知」
jealkb

水戸ライトハウス H22.1.23(sat)


情熱ツアー 2009 秋
~全国的にアフロ~

水戸ライトハウス H21.9.27(sun)


Rock In Japan Fes.2009
国営ひたちなか海浜公園
H21.8.2(sun)のみ参加


Goose Fresh Beat
茨城つくば市ゆかりの森 H21.7.19(sun)

Trash We'd Love Tour 2009
the HIATUS

水戸ライトハウス H21.7.9(thu)


ハイサイロード’09
47都道府県58箇所巡り
かりゆし58

水戸ライトハウス H21.7.5(sun)


PARALLEL LIVES TOUR
nothing's carved in stone

水戸ライトハウス H21.6.19(fri)


monobright LIVE TOUR
ブライトンロック2009
~NIPPON TWO-LLING~
monobright

H21.5.19
宇都宮HEAVEN'S ROCK


月ごとの記事

話題別。

thank U Trackback!

RSSフィード

ブログ内探索

今ここを読んでる人